FC2ブログ

さよなら

「頑張ったね」
君からの言葉

自分の中に染みた
白いインク
今度は誰にも染められないくらい
どこまでも白く
どこまでも清く


インクから音が溢れ出した
君の声なのか
僕の声なのか
楽しそうに笑っているんだろうか


今度は誰にも邪魔されず
君と一緒に
君と笑おう・・・


今度は約束だなんて言わないから



ありがとう
君と出会えて良かった
ほんとうに
ありがとう
忘れることのない君に
愛してる君に
ほんとうはもっと一緒にいたかった
でも今は
ありがとうしか言えない
でも今も
君は僕の心の中に



白しか写らない僕の眼に
君だけは
はっきりと写るから
手を握るよ
君に伝わるように
体温より熱い僕の気持ち


離れることは悲しいから
精一杯強く手を握るよ


いつかまた会えたなら・・・・
そっと君につぶやかさせて


手を離したら眼を閉じた
次、目覚めた時に
君は笑っているだろうか


ねぇ・・・ 





僕の世界が一瞬で変わった














スポンサーサイト



足跡


あの日からずっと
1歩ずつ振り返りながら歩いてきたんだろう
振り返ったら1歩前の自分が居た


何を探してるんだ
誰を探していたんだ
どこに行けばいいんだ
どこまで行けばそれがわかる・・・


何で自分を呼ぶ声が聞こえるんだ



もっと強く呼んで
自分を
自分の名を
自分だけの名を
前に進みたいんだ
答えにたどり着くまで





今の自分が呼んだ
1歩前の君を


こっちにおいで


1歩前の自分が踏んだ境界線
自分が呼ぶから
自分が進んだ



探し物は自分の中に
答えは自分の中にあるから
終りまで繋がるものは自分だから


自分を信じて前に進もう
1歩あとの自分が教えてくれたコト


遠く


こんなに近くにいた
確かにあった君のぬくもり
まぶしいくらいの君の笑顔が自分の心をてらす

今ではこんなに遠くなった
自分が離れていっているのか
君が離れていくのか
たしかめることさえ出来ない
わからない・・・



君と見た月は
あんなに遠いのに
いつまでも自分を照らしている

前とは違う 君とのつながりの糸ををきるような光
もう包み込むような優しい光はなくて・・・

君も同じものをみていたなら
自分をそこで待っていてくれているのだろうか
遠く離れていった自分を
逃げてしまった自分を


そんなことばかり考えては祈る
いつかその光が君へ導く光に変わることを
前と同じ幸せがもう一度戻ってくるようにと
こんな自分をまた笑顔で迎えてくれることを


二匹のくまぬいぐるみ












前へ

進む先に何があるか
怖くて俯いた

だけどね

君の声がしたら
笑顔で前を向いて
踏み出そうって決めたんだ

強く  強く 


暗い空から光

君に


君がいてくれたから
それだけで
前に進めた 明日にむかいあえた

僕は君のために何ができるだろう

笑っていてよ 幸せでいてよ

願いだけ果てない

空1